浅草観光の拠点となる雷門周辺のホテルの紹介

近年では、雷門の真っ赤な大提灯を目当てに浅草を訪れるインバウンドが急増しており、「浅草ビューホテル」や「THEGATEHOTEL雷門byHULIC」などのハイエンドな宿泊施設ではなく、雷門周辺で宿泊料金がリーズナブルなドミトリースタイルのホステルやビジネスホテルを選択するインバウンドが主流を占めています。

また、東京都は来年2020年に一大イベントの東京オリンピックを控えていることから大型の宿泊施設の建設が急ピッチで進められており、2017年頃から続々とグランドオープンしているのがこのエリアの現状です。そのため、東京オリンピック開催期間中の宿泊予約サイトの休止や宿泊料金の過度な値下げの抑制などを行なっている宿泊施設がある一方で、低料金の宿泊施設や新しいスタイルの宿泊施設が続々と開業しています。

日本ビューホテル株式会社は、日本の伝統文化である「歌舞伎」をコンセプトの1つとする新規直営ホテルを2020年春を目処にグランドオープンを予定しているとされ、地域密着型の複合施設の建設を進めています。「浅草ビューホテル別邸HAKARAI」は、1階と2階部分が神殿や宮殿をイメージさせる列柱回廊デザインを採用し、3階~8階までの縦ラインデザインと9階~10階までのペントハウス部分のパネルスクエアデザインの3種類のデザインを融合させた地上10階の宿泊施設です。客室は、木目を生かした床と畳をフラットフロアにした和モダンなデザインと設計が採用され、使いやすさを追求した洋風と心からくつろげる和風が融合している上質な空間となっています。
浅草の雷門のホテルのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *