浅草で雷門の名を冠したホテルや旅館の紹介

雷門は、日本で最も古い商店街の1つに数えられる仲見世通りの南端で参拝者を迎えていますが、元々は漁師の檜前兄弟が捨てても捨ててもしつこく網に引っかかった聖観音像を安置していた隅田川の駒形橋の傍にあったとされています。

正式には風雷神門と呼ばれる門自体は、平将門と衝突を繰り返していた平公雅が武蔵国に配置換えされた941年頃に堂塔伽藍と共に建立したとされ、平成15年には馬頭観世音菩薩像を安置している駒形堂が建立されました。浅草周辺には、風雷神門の名を冠した「雷門旅館」や「THEGATEHOTEL雷門byHULIC」などがあり、どちらの宿泊施設も浅草観光の拠点として人気を博しています。

「雷門旅館」は、昭和22年門から徒歩数十秒の好立地に操業した宿泊施設ですが、2019年には創業以来2回目の建替工事を終えて7月26日にホテルから旅館に改称してリニューアルオープンしたばかりの和風旅館です。「THEGATEHOTEL雷門byHULIC」は、2019年8月で7周年を迎えた浅草を代表する高級ホテルであり、13階の宿泊者専用のテラスは浅草だけでなく東京スカイツリーを一望すことができます。

宿泊者専用のテラスは、昼間には柔らかな日差しを浴びながらティータイムやランチを堪能することができ、夜間には「帆立貝のソテーキノコ添えブルゴーニュ風」や「牛肉の煮込み~THEGATEスタイル~」などの趣向凝らした料理を夜景と共に堪能できる高級ホテルです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *