浅草・雷門のホテルの特徴

浅草・雷門のホテルは、都内でも最も古くからある歴史ある寺院の近くにあるのが特徴です。

国内からは勿論のこと海外からも多くの観光客が訪れる、この寺院は東京観光の目玉の1つともいえるでしょう。そんな寺院の近くに宿泊することができるので、何度も訪れることが可能です。例えば昼間は多くの人でにぎわう参道や境内の活気を楽しみ、夜には人の少なくなった境内がライトアップされた幻想的な雰囲気を楽しむといったこともできます。また浅草・雷門のホテルは、日本で一番高い電波塔からも近い距離にあるのが特徴です。

宿泊地から現地まで電車やバス・徒歩でも訪れることができ、展望台に上がって、最も高い場所からの眺めを楽しむのも良いでしょう。それだけでなく、窓からこの電波塔を見ることが出来る立地にある浅草・雷門のホテルに宿泊した場合には、夜には美しいイルミネーションに彩られた、このタワーを望む夜景を楽しむことも可能です。

下町という昔ながらの風景が残る街に滞在しながら、近代的な印象の建造物の都会的な夜景を眺めることで、東京という都市の奥深さ・ギャップが感じられます。そんな浅草・雷門のホテルの中には、空港からの送迎バスが利用できるところもあります。バスで直接、宿泊施設の近くまで連れていってもらえるのは、土地に不慣れな人にとって便利です。荷物が多い場合でも楽であるうえ、道に迷ったりすることなく浅草・雷門のホテルまで行くことができるという特徴もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *