便利な立地の東京・浅草のホテル

西暦628年に創建されたこのエリアで最も古い寺院を中心に観光地となっている、東京・浅草はホテルもいくつもある場所です。

観光に訪れた人にとっては付近の観光名所を訪れやすいため、便利に利用することが出来る立地といえます。そんな東京・浅草のホテルは、宿泊すると有名なランドマークの1つである寺院の見学にもたっぷり時間を使うことができるでしょう。古くから観音像が安置されていることで知られ、親しまれているこのお寺は国内からだけでなく海外からも多くの観光客が訪れている、下町のシンボル的な存在となっている名所です。

仲見世通りの外から境内まで昼間は沢山の人が集まっています。しかし夜になると、人の数もまばらになり付近の商店も閉店するため静かな環境になります。本堂や五重塔・宝蔵門などがライトアップされ、昼とはまた違いのある美しい景観を見ることが出来るのが魅力です。東京・浅草のホテルに宿泊すればこのような夜の風情ある姿も、気軽に見に行くことができるでしょう。

また付近にある多くの商店が軒を連ねる仲見世通りや、ノスタルジックな昭和の雰囲気がある遊園地なども併せて立ち寄り観光をすることができるでしょう。これらは観光の目玉となっている名所の寺院から近い場所にあるので、東京・浅草のホテルに宿泊するのなら合わせて立ち寄るのにも適しています。このように東京・浅草のホテルは、観光にピッタリの立地です。下町の観光を楽しむために活用してください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *