浅草で食べられるきびだんご

雷門で有名な浅草寺には、日本全国にとどまらず世界中から沢山の観光客が訪れます。

雷門から浅草寺の本堂まで続いているのが浅草仲見世通りです。この仲見世通りには昔ながらの食事処やお土産屋さんが沢山立ち並んでいます。その中には、おいしいきびだんごが食べられるお店もあります。江戸時代に仲見世に実在したきびだんごを現在でも、実演をしながら販売しています。実演販売なので、できたてほかほかのおいしいお団子を食べることができ、大変人気の一品です。長い串に小振りのかわいいお団子が刺さっており、その上にたっぷりのきびがまぶしてあります。5本売りされていますが、一本がそんなに大きくはないので、ペロリと簡単に食べきれてしまいます。

テイクアウトには、かわいい袋に入れてもらえるので、写真に収めるのも良いかもしれません。仲見世通りには、沢山のお店があるので食べ歩きをしたい人には嬉しいです。また、一緒に来ているお友達や家族とシェアをすれば、みんなで楽しめます。

おみやげにきびだんごを持って帰りたいひとには、お土産用も販売されています。これは、自宅で熱湯で茹でることで、簡単にお店のだんごをお家で楽しめます。またこのお団子を食べる時間で旅の楽しさが思い出されます。きびだんご以外にも季節に合わせて甘酒やお抹茶など和菓子にとても合う飲み物も提供されています。お団子のお供にぴったりです。日本らしさや季節感をたっぷり感じながら、浅草寺の本堂までの道のりをより一層楽しいものにしてくれそうです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *