浅草はイベント時に訪れるのもおすすめです

東京で最も古い時代に創建された寺院があることで知られる浅草は、イベントが特に行われていない時期でも多くの観光客が訪れる人気のある地域です。

しかし行事があるときにはさらに多くの人が集まることになり、普段からお祭りのような雰囲気がありますが、また違った盛り上がりが感じられます。何度も東京の下町にあるこの地域を訪れて観光したことがあるという人でも、浅草でイベントがあるときにまた訪れてみるのも楽しいものではないでしょうか。中でも有名なものには、テレビでも中継されるためよく知られている隅田川の花火大会があります。

毎年7月の最後の土曜日に開催されていて、隅田川の河川敷が会場となっています。日本国内でも最も古くからおこなわれている花火大会で、江戸時代の徳川家の八代将軍が打ち上げた花火がルーツとなっているのが特徴です。いくつかある隅田川の会場には100万人近い人が訪れています。その他にも有名な浅草のイベントには三社祭もあげることができるでしょう。

この地域に古くからある神社の例大祭で、毎年5月の3週目の金曜日から土曜日・日曜日までおこなわれています。1872年から始まったという歴史の古い浅草のイベントです。こちらの行事も毎年3日間で約180万人ものひとが訪れるといわれています。このように、浅草はイベントがある時に訪れても楽しむことのできる街です。昔から人々に愛されているお祭りに出かけてみてはいかがでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *