バナー

歯科医師として働く場合将来役立つ医院の求人から選択

歯学部系の大学をでて、大学病院ではなく一般歯科で就職を考えた場合、求人がたくさんありどこに就職したらいいのか分からなくて悩むことがあります。駅前などテナントには歯医者さんがたくさん乱立し、たくさんあるものの自分が将来的に歯科医師と働き、地域に愛される歯医者さんを開業、経営するには歯科医師としての技術、知識、新しい院内の治療設備などを学ぶ必要があります。

なので歯医者さんの求人を見て、自分に合えばずっと働けばいいのですが、将来的に自分で歯科医院を経営するとなると、就職した先でできる限りのことを勉強し、知識や腕を磨く必要があります。

たとえば一般歯科を保険治療メーンでやっている歯科医院と、自費治療で1日数人の患者さんの治療をしない歯科医院では、求められる歯科医師としての条件や技術が違ってきます。

健康保険をメーンに治療をしている歯科医院であれば、短い時間でたくさんの患者さんを、掛け持ちで治療することもあり、大変忙しい思いをするかもしれません。
しかし自費治療でじっくり患者さんと向き合って治療する場合、治療をする人が少ない分、よりクオリティーの高い治療を求められます。



なので自分自身の腕により磨きをかける必要があります。

歯科医院の求人には給料、労働条件、福利厚生などの他に、自分の腕を磨くためにどういう実践が積めるのかを考えて就職先を選び、将来に役立てるようにする必要があります。



さらに就職先の先生との相性も重要になります。